HOME 研究内容 研究業績・外部資金
メンバー 生物材料・測定装置・解析プログラム・タンパク質の立体構造 Photo

研究業績外部資金

受賞
論文
総説
特許
---
外部資金取得

受賞
2011年日本遺伝学会・木原賞受賞、研究テーマ「藍色細菌と植物の生物時計の分子遺伝学的研究:時計分子装置のリアルタイム測定、構造、機能」、2011年9月21日

2004年日本遺伝学会第76回大会Best Papers賞受賞

1999年第7回木原記念財団学術賞(木原記念横浜生命科学振興財団;近藤孝男氏と共同受賞)、研究テーマ「藍色細菌の生物時計の分子遺伝学的研究」、1999年4月1日、横浜

 
論文

Yonekura M, Aoki N, Hirose T, Onai K, Ishiura M, Okamura M, Ohsugi R, Ohto C (2013): The promoter activities of sucrose phosphate synthase genes in rice, OsSPS1 and OsSPS11, are controlled by light and circadian clock, but not by sucrose. Front Plant Sci doi: 10.3389/fpls.2013.00031

Akai M, Onai K, Morishita M, Mino H, Shijuku T, Maruyama H, Arai F, Itoh S, Hazama A, Checchetto V, Szabò I, Yukutake Y, Suematsu M, Yasui M,. Ishiura M,Uozumi N(2012): Aquaporin AqpZ is involved in cell volume regulation and sensitivity to osmotic stress in Synechocystis sp. strain PCC 6803. J Bacteriol 194:6828-6836.
Abstract

Murakami R, Mutoh R, Iwase R, Furukawa Y, Imada K, Onai K, Morishita M, Yasui S, Ishii K, J. Valencia S., Uzumaki T, Namba K, and Ishiura M (2012): The roles of the dimeric and tetrameric structures of the clock protein KaiB in the generation of circadian oscillations in cyanobacteria. J Biol Chem 287:29506-29515.
Abstract

J Valencia S, Bitou K, Ishii K, Murakami R, Morishita M, Onai K, Furukawa Y, Imada K, Namba K, Ishiura M (2012): Phase-dependent generation and transmission of time information by the KaiABC circadian clock oscillator through SasA-KaiC interaction in cyanobacteria. Genes Cells 17:398-419.
Abstract

Matsuo T, Iida T, Ishiura M (2012): N-terminal acetyltransferase 3 gene is essential for robust circadian rhythm of bioluminescence reporter in Chlamydomonas reinhardtii. Biochem Biophysic Res Comm 418:342-346.
Abstract

Asada Y, Mutoh R, Ishiura M, Mino H (2011): Nonselective excitation of pulsed ELDOR using multi-frequency microwaves. J Magn Reson 213: 200-205.
Abstract

Akai M, Onai K, Kusano M, Sato M, Redestig H, Toyooka K, Morishita M, Miyake H, Hazama A, Checchetto V, Szabò I, Matsuoka K, Saito K, Yasui M, Ishiura M, Uozumi N (2011): Plasma Membrane Aquaporin AqpZ Protein Is Essential for Glucose Metabolism during Photomixotrophic Growth of Synechocystis sp. PCC 6803. J Biol Chem 286:25224-25235.
Abstract

Mutoh R, Mino H, Murakami R, Uzumaki T, Ishiura M (2011): Thermodynamically induced conformational changes of the cyanobacterial circadian clock protein KaiB. Appl Magn Reson 40:525-534.
Abstract

Mutoh R, Mino H, Murakami R, Uzumaki T, Takabayashi A, Ishii K, Ishiura M (2010): Direct interaction between KaiA and KaiB revealed by a site-directed spin labeling electron spin resonance analysis. Genes Cells 15:269-280.
Abstract

Tsunekawa K, Shijyuku T, Hayashimoto M, Kojima Y, Onai K, Morishita M, Ishiura M, Kuroda T, Nakamura T, Kobayashi H, Sato M, Toyooka K, Matsuoka K, Omata T, Uozumi N (2009): Identification and characterization of the Na+/H+ antiporter NhaS3 from the thylakoid membrane of Synechocystis sp. PCC 6803. J Biol Chem 284:16513-16521.
Abstract

Kurosawa S, Murakami R, Onai K, Morishita M, Hasegawa D, Iwase R, Uzumaki T, Hayashi F, Kitajima-Ihara T, Sakata S, Murakami M, Kouyama T, Ishiura M.(2009): Functionally important structural elements of the cyanobacterial clock-related protein Pex. Genes Cells 14:1-16.
Abstract

Murakami R, Miyake A, Iwase R, Hayashi F, Uzumaki T, Ishiura M (2008): ATPase activity and its temperature compensation of the cyanobacterial clock protein KaiC. Genes Cells 13:387-395.
Abstract
日本語の論文紹介

Matsuo T, Okamoto K, Onai K, Niwa Y, Shimogawara K, Ishiura M (2008): A systematic forward genetic analysis identified components of the Chlamydomonas circadian system. Genes Dev 22:918-930.
Abstract
日本語の論文紹介

Kutsuna S, Kondo T, Ikegami H, Uzumaki T, Katayama M, Ishiura M (2007): The circadian clock-related gene pex regulates a negative cis element in the kaiA promoter region. J Bacteriol 189:7690-7696.
Abstract

Okamoto K, Ishiura M, Torii T, Aoki S (2007): A compact multi-channel apparatus for automated real-time monitoring of bioluminescence. J Biochem Biophys Methods 70:535-538.
Abstract

Hayashi F, Iwase R, Uzumaki T, Ishiura M (2006): Hexamerization by the N-terminal domain and intersubunit phosphorylation by the C-terminal domain of cyanobacterial circadian clock protein KaiC. Biochem Biophys Res Commun 348:864-872.
Abstract

Matsuo T, Onai K, Okamoto K, Minagawa J, Ishiura M (2006): Real-time monitoring of the circadian gene expression in the chloroplast. Mol Cell Biol 26:863-870.
Abstract
日本語の論文紹介

Iwase R, Imada K, Hayashi F, Uzumaki T, Morishita M., Onai K, Furukawa Y., Namba K, Ishiura M (2005): Functionally important substructures of circadian clock protein KaiB in unique tetramer complex. J Biol Chem 280:43141-43149.
Abstract
日本語の論文紹介

Onai K, Ishiura M (2005): PHYTOCLOCK 1 encoding a novel GARP protein esstial for the Arabidopsis circadain clock. Genes Cells 10:963-972.
Abstract

Okamoto K, Onai K, Furusawa T, Ishiura M (2005): A portable integrated automatic apparatus for the real-time monitoring of bioluminescence in plants. Plant Cell Environ 28:1305-1315.
Abstract

Kutsuna S, nakahira Y, Katayama M, Ishiura M, Kondo T (2005): Thranscriptional regulation of the circadian clock operon kaiBC by upstream regions in cyanobacteria. Mol Microbiol 57:1474-1484.
Abstract

Okamoto K, Onai K, Ishiura M (2005): RAP, an integrated program for monitoring bioluminescence and analyzing circadian rhythms in real time. Anal Biochem 340:193-200.
Abstract

Okamoto K, Onai K, Ezaki N, Ofuchi T, Ishiura M (2005): An automated apparatus for the real-time monitoring of bioluminescence in plants. Anal Biochem 340:187-192.
Abstract

Kucho K, Okamoto K, Tabata S, Fukuzawa H, Ishiura M (2005): Identification of novel clock-regulated genes by cDNA macroarray analysis in Chlamydomonas reinhardtii. Plant Mol Biol 57:889-906.
Abstract

Kucho K, Okamoto K, Tsuchiya Y, Nomura S, Nango M, Kanehisa M, Ishiura M (2005): Global analysis of circadian expression in the cyanobacterium Synechocystis sp. strain PCC 6803. J Bacteriol 187:2190-2199.
Abstract

Kucho K, Aoki K, Itoh S, Ishiura M (2005): Improvement of the bioluminescence reporter system for real-time monitoring of circadian rhythms in the cyanobacterium Synechocystis sp. strain PCC 6803.
Genes Genet Sys 80:19-23.
Abstract

Hayashi F, Ito N, Uzumaki T, Iwase R, Tsuchiya Y, Yamakawa H, Morishita M, Onai K, Itoh S, Ishiura M (2004): Roles of two ATPase-motif-containing domains in cyanobacterial circadian clock protein KaiC. J Biol Chem 279:52331-52337.
Abstract

Kucho K, Tsuchiya Y, Okumoto K, Harada M, Yamada M, Ishiura M (2004): Construction of unmodified oligonucleotide-based microarray in the thermophilic cyanobacterium Thermosynechococcus elongatus BP-1. Genes Genet Sys 79:319-329.
Abstract

Onai K, Okamoto K, Nishimoto H, Morioka C, Hirano M, Kami-ike N, Ishiura M (2004): Large-scale screening of Arabidopsis circadian clock mutants by a high-throughput real-time bioluminescence monitoring system. Plant J 40:1-11.
Abstract
日本語の論文紹介

Kucho K, Yoneda H, Harada M, Ishiura M (2004): Determinants of sensitivity and specificity in spotted DNA microarrays with unmodified oligonucleotides. Genes Genet Sys 79:189-197.
Abstract

Onai K, Morishita M, Itoh S, Okamoto K, Ishiura M (2004): Circadian rhythms in the thermophilic cyanobacterium Thermosynechococcus elongatus: compensation of period length over a wide temperature range. J Bacteriol 186:4972-4977.
Abstract
日本語の論文紹介

Uzumaki T, Fujita M, Nakatsu T, Hayashi F, Shibata H, Itoh N, Kato H, Ishiura M (2004): Crystal structure of the C-terminal clock-oscillator domain of the cyanobacterial KaiA protein. Nature Struct Mol Biol 11:623-631.
Abstract
日本語の論文紹介

Iwase R, Imada K, Hayashi F, Uzumaki T, Namba K, Ishiura M (2004): Crystallization and preliminary crystallographic analysis of the circadian clock protein KaiB from the thermophilic cyanobacterium Thermosynechococcus elongatus BP-1. Acta Crysta D 60:727-729.
Abstract

Hayashi F, Ito H, Fujita M, Iwase R, Uzumaki T, Ishiura M (2004): Stoichiometric interactions between cyanobacterial clock proteins KaiA and KaiC. Biochem Biophys Res Commun 316:195-202.
Abstract
日本語の論文紹介

Onai K, Morishita M, Kaneko T, Tabata S, Ishiura M (2004): Natural transformation of the thermophilic cyanobacterium Thermosynechococcus elongatus BP-1: a simple and efficient method for gene transfer. Mol Gen Genomics 271:50-59.
Abstract
日本語の論文紹介

Hayashi F, Suzuki H, Iwase R, Uzumaki T, Miyake A, Shen J-R, Imada K, Furukawa Y, Yonekura K, Namba K, Ishiura M (2003): ATP-induced hexameric ring structure of the cyanobacterial circadian clock protein KaiC. Genes Cells 8:287-296.
Abstract
日本語の論文紹介

Brudler R, Hitomi K, Daiyasu H, Toh H, Kucho K, Ishiura M, Kanehisa M, Roberts VA, Todo T, Tainer JA, Getzoff ED (2003): Identification of a new cryptochrome class: structure, function, and evolution. Mol Cell 11:59-67.
Abstract

1993-2002の論文(*は重要論文)

Aoki S, Kondo T, Ishiura M (2002): A promoter-trap vector for clock-controlled genes in the cyanobacterium Synechocystis sp. PCC 6803. J Microbiol Methods 49:265-274.
Abstract

Taniguchi Y, Yamaguchi A, Hijikata A, Iwasaki H, Kamagata K, Ishiura M, Go M, Kondo T (2001): Two KaiA-binding domains of cyanobacterial circadian clock protein KaiC. FEBS Lett 496:86-90.
Abstract

Hitomi K, Okamoto K, Daiyasu H, Miyashita H, Iwai S, Toh H, Ishiura M, Todo T (2000): Bacterial cryptochrome and photolyase: characterization of two photolyase-like genes of Synechocystis sp. PCC 6803.Nucleic Acids Res 28:2353-2362.
Abstract

* Iwasaki H, Williams SB, Kitayama Y, Ishiura M, Golden SS, Kondo T (2000): A KaiC-interacting sensory histidine kinase, SasA, necessary to sustain robust circadian oscillation in cyanobacteria. Cell 101:223-233.
Abstract

.* Nishiwaki T, Iwasaki H, Ishiura M, Kondo T (2000): Nucleotide binding and autophosphorylation of the clock protein KaiC as a circadian timing process of cyanobacteria. Proc Natl Acad Sci USA 97:495-499.
Abstract

* Iwasaki H, Taniguchi Y, Ishiura M, Kondo T (1999): Physical interactions among circadian clock proteins KaiA, KaiB and KaiC in cyanobacteria. EMBO J 18:1137-1145.
Abstract

* Ishiura M, Kutsuna S, Aoki S, Iwasaki H, Andersson CR, Tanabe A, Golden SS, Johnson CH, Kondo T (1998): Expression of a gene cluster kaiABC as a circadian feedback process in cyanobacteria. Science 281:1519-1523.
Abstract

* Kutsuna S, Kondo T, Aoki S, Ishiura M (1998): A period-extender gene, pex, that extends the period of the circadian clock in the cyanobacterium Synechococcus sp. strain PCC 7942. J Bacteriol 180:2167-2174.
Abstract

* Aoki S, Kondo T, Wada H, Ishiura M (1997): Circadian rhythm of the cyanobacterium Synechocystis sp. strain PCC 6803 in the dark. J Bacteriol 179:5751-5755.
Abstract

Kondo T, Mori T, Lebedeva NV, Aoki S, Ishiura M, Golden SS (1997): Circadian rhythms in rapidly dividing cyanobacteria. Science 275:224-227.
Abstract

Tsinoremas NF, Ishiura M, Kondo T, Andersson CR, Tanaka K, Takahashi H, Johnson CH, Golden SS (1996): A sigma factor that modifies the circadian expression of a subset of genes in cyanobacteria. EMBO J 15:2488-2495.
Abstract

* Aoki S, Kondo T, Ishiura M (1995): Circadian expression of the dnaK gene in the cyanobacterium Synechocystis sp. strain PCC 6803 J Bacteriol 177:5606-5611.
Abstract

Liu Y, Tsinoremas NF, Johnson CH, Lebedeva NV, Golden SS, Ishiura M, Kondo T (1995): Circadian orchestration of gene expression in cyanobacteria. Genes Dev 9:1469-1478.
Abstract

Liu Y, Golden SS, Kondo T, Ishiura M, Johnson CH (1995): Bacterial luciferase as a reporter of circadian gene expression in cyanobacteria. J Bacteriol 177:2080-2086.
Abstract

* Kondo T, Tsinoremas NF, Golden SS, Johnson CH, Kutsuna S, Ishiura M (1994): Circadian clock mutants of cyanobacteria. Science 266:1233-1236.
Abstract

* Kondo T, Ishiura M (1994): Circadian rhythms of cyanobacteria: monitoring the biological clock of individual colonies by bioluminesence. J Bacteriol 176:1881-1885.
Abstract

* Kondo T, Strayer CA, Kulkarni RD, Taylor W, Ishiura M, Golden SS, Johnson CH (1993): Circadian rhythms in prokaryotes: luciferase as a reporter of circadian gene expression in cyanobacteria. Proc Natl. Acad Sci USA 90:5672-5676.
Abstract


総説
小内清、石浦正寛 (2011):生物発光リアルタイム測定解析システム =有用生物株や有用遺伝子の網羅的な高速探索のための新システム=、光アライアンス「特集:生物フォトン研究の最前線」、3月号、pp. 20-26.

Matsuo T, Ishiura M (2011): Chlamydomonas reinhardtii as a new model system for studying the molecular basis of the circadian clock.. FEBS lett 585:1495-14502.
Abstract

Matsuo T, Ishiura M (2010): New insights into the circadian clock in Chlamydomonas. Int Rev Cell Mol Biol 280:281-314.
Abstract

小内清、石浦正寛 (2010):生物発光リアルタイム測定システムの歴史と展望 ~生物発光からゲノム学・生物物理学への潮流~、生物物理 50:141-145.

石浦正寛、小内清 (2009):非接触、サンプリング不要の細胞濃度・増殖速度リアルタイム計測システム、中部TLOニュース、No.9、pp. 5.

松尾拓哉、石浦正寛 (2008):真核生物における生物時計の新しい実験系: クラミドモナス、蛋白質核酸酵素53:1873-1880.
Abstract

宇津巻竜也、林史夫、石浦正寛 (2005): 生物時計装置を原子レベルで解明する.蛋白質核酸酵素 50:111-120.

石浦正寛* (2005): 分子装置としての生物時計.名大トピックス No. 139:34-35.

宇津巻竜也、中津亨、加藤博章、石浦正寛 (2004): 藍色細菌の時計タンパク質KaiAの構造と機能 機能ドメイン、X線結晶構造解析及び構造-機能相関の解明.SPring-8Information 9:367-371.

宇津巻竜也、石浦正寛 (2004): 藍色細菌の時計タンパク質KaiAの原子構造と時計機能.ブレインテクノニュース 105:25-29.

Kondo T, Ishiura M (2000): The circadian clock of cyanobacteria. Bioessays 22:10-15.
Abstract

Kondo T, Ishiura M (1999): The circadian clocks of plants and cyanobacteria. Trends Plant Sci 4:171-176.
Abstract

Johnson CH, Golden SS, Ishiura M, Kondo T (1996): Circadian clocks in prokaryotes. Mol Microbiol 21:5-11.
Abstract


●博士研究員の総説

武藤梨沙(2012):スピンラベル法による藍色細菌時計タンパク質間相互作用部位の同定と構造変化の解析、電子スピンサイエンス(電子スピンサイエンス学会)10:28-29

Aoki S, Onai K(共著第一著者)(2009): Circadian clocks of Synechocystis sp. strain PCC 6803, Thermosynechococcus elongatus, Prochlorococcus spp., Trichodesmium spp. and other species. In "Bacterial Circadian Programs", pp 259-282, Ditty J. L. et al. eds., Springer-Verlag, Berlin Heidelberg.



特許
●取得特許

発明者:石浦正寛、小内清;発明名称:核酸、当該核酸をコードするアミノ酸、当該核酸及びアミノ酸からなるプローブ、及び当該プローブを用いたスクリーニング法;特許番号:特許第5145560号; 特許登録日:2012.12.7;出願人:国立大学法人名古屋大学

発明者:石浦正寛、松尾拓哉、小内清; 発明名称:葉緑体で機能するホタルルシフェラーゼ遺伝子とそれを用いた葉緑体遺伝子発現のリアルタイムモニタリング; 特許番号:特許第4742258号; 特許登録日:2011.05.20;出願人:国立大学法人名古屋大学

発明者:Ishiura M, Okamoto K, Onai K, Furusawa T; 発明名称:Apparatus for monitoring bioluminescence of biological samples; US特許番号:US7,407,797 B2; US特許登録日:2008.08.05;出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、岡本和久; 発明名称:制御プログラム及び培養装置; 特許番号:特許第4129531号; 特許登録日:2008.05.30; PCT国際出願番号: PCT/JP2005/023803; PCT国際出願日:2005.12.26;出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、小内清、森下めぐみ;発明名称:遺伝子移入ベクター、好熱性藍色細菌へ遺伝子を移入する方法とその応用、および好熱性藍色細菌の凍結保存法; 特許番号:特許第4065952号; 特許登録日:2008.01.18; 出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、岡本和久; 発明名称:DNAアレイ法の時系列データを解析するためのプログラム、DNAアレイ法の時系列データの解析方法、DNAアレイ法の時系列データの解析装置; 特許番号:特許第3972105号; 特許登録日:2007.06.22; 出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、岡本和久、小内清、古澤孝良;発明名称:生物試料の生物発光測定装置;出願年月日:2003.11.14;出願国:日本、アメリカ合衆国、イギリス;出願番号:特願2003-384577(US出願番号:10/985955;UK出願番号:04026948.1);公開番号:特開2005-143371;登録番号:特許第3950972号;登録日:2007.05.11;出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、岡本和久、DNAアレイ法の時系列データを解析するためのプログラム、DNAアレイ法の時系列データの解析方法、DNAアレイ法の時系列データの解析装置;出願年月日:2004.02.27;出願国:日本、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ;出願番号:特願2004-053743;特許査定認証日:2007.05.09;出願人:名古屋大学総長

発明者: Ishiura M, Okamoto K; 発明名称:Method for measuring and analyzing bioluminescence and device for measuring and analyzing bioluminescence; 特許番号(アメリカ合衆国):US 7,199,378 B2; 特許登録日:2007.04.03; 出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、岡本和久; 発明名称:生物試料発光測定装置用生物試料培養・搬 送装置; 出願年月日:2003.03.06; 出願国:日本、アメリカ; 出願番号:特願2003-0 60069 (US出願番号 10/79173); 公開番号:特開2004-267058; 特許第3837535号(P3837535); 登録年月日:2006.08.11; 出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、岡本和久; 発明名称:生物発光測定・解析プログラム。該プログ ラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記録媒体並びに該プログラムおよび該コ ンピュータを含む生物発光測定・解析装置; 出願年月日:2003.03.07; 出願国:日本、 アメリカ; 出願番号:特願2003-06120 (US出願番号 10/79173); 公開番号:特開2004-271302; 特許番号:特許第3787631号(P3787631); 登録年月日:2006.04.07; 出願人:名古屋大学総長


出願特許

発明者:小内清、石浦正寛、白木央、大久保充宏、神谷聡、八木良樹、岡悦男、戎晃司; 発明名称:分配装置、及び分配方法; 出願人:中立電機株式会社、椿本興業、マイクロニクス株式会社; 出願番号:特願2010-095985; 出願日:2010.04.19

発明者:小内清、石浦正寛、白木央、太田武司、大久保充宏、川角康之; 発明名称:測定処理を高速化した発光測定装置; 出願人:国立大学法人名古屋大学、中立電機株式会社;出願番号:特願2010-070074; 出願日: 2010.03.25

発明者:小内清、石浦正寛、白木央、大久保充宏、伊藤英樹、中村隆司、長谷川寛;発明名称:高感度発光測定装置; 出願人:国立大学法人名古屋大学; 出願番号:特願2010-070075; 出願日: 2010.03.25

発明者:中村研三、河合都妙、橋本実佳、石浦正寛、松田雅敏、小内清; 発明名称:植物の種子油脂生産性を増大させる遺伝子及びその利用方法; 出願人:トヨタ自動車株式会社、株式会社コンポン研究所、国立大学法人名古屋大学; 出願番号:特願2010-054484;出願日:2010.03.11

発明者:石浦正寛、岡本和久; 発明名称:培養装置; 出願番号:特願2008-078421; 出願日:2008.03.25; 出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、岡本和久; 発明名称:DNAアレイ法の時系列データを解析するためのプログラム、DNAアレイ法の時系列データの解析方法、DNAアレイ法の時系列データの解析装置; 出願番号:特願2006-318785(特許第3972105号の分割出願); 公開番号:特開2007-128529; 公開日:2007.05.24; 出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、小内清; 発明名称:核酸、当該核酸をコードするアミノ酸、当該核酸及びアミノ酸からなる プローブ、及び当該プローブを用いたスクリーニング法; 出願年月日:2005.06.09; 出願国:日本、PCT出願; 出願番号:特願2005-169795; 出願人:国立大学法人名古屋大学

発明者:石浦正寛、松尾拓哉、小内清; 発明名称:葉緑体で機能するホタルルシフェラーゼ遺伝子とそれを用いた葉緑体遺伝子発現のリアルタイムモニタリング; 出願年月日:2005.02.4; 出願国:日本; 出願番号:特願2005-029217; 出願人:国立大学法人名古屋大学

発明者:石浦正寛、岡本和久; 発明名称:制御プログラム及び培養装置; 出願年月日:2004.12.28; 出願国:日本; 出願番号:特願2004-380651; 出願人:国立大学法人名古屋大学

発明者:石浦正寛、岡本和久; 発明名称:DNAアレイ法の時系列データとデータ中に含まれるリズム成分とを解析するためのプログラム; 出願年月日:2004.02.27; 出願国:日本、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ; 出願番号:特願2004-053743; 出願人:名古屋大学長

発明者:石浦正寛、岡本和久、小内清、古澤孝良; 発明名称:生物試料の生物発光測定装置; 出願年月日:2003.11.14;出願国:日本、アメリカ合衆国、イギリス; 出願番号:特願2003-384577(US出願番号:10/985955; UK出願番号:04026948.1); 公開番号:特開2005-143371; 出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、小内清、森下めぐみ; 発明名称:遺伝子移入ベクター、好熱性藍色細菌へ遺伝子を移入する方法とその応用、および好熱性藍色細菌の凍結保存法; 出願年月日:2003.10.06; 出願国:日本; 出願番号:特願2003-347339; 公開番号:特開2005-006640; 出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、小内清、森下めぐみ; 発明名称:遺伝子移入ベクターおよび好熱性藍色細菌へ遺伝子を移入する方法; 出願年月日:2003.05.29; 出願国:日本; 出願番号:特願2003-152472;公開番号:特開2005-006640; 出願人:名古屋大学総長

発明者:石浦正寛、九町健一; 発明名称:DNAマイクロアレイ、及びそれを用いたスクリーニング方法; 出願年月日:2002.09.30; 出願国:日本; 出願番号:特願2002-285710; 公開番号:特開2004-121009; 出願人:名古屋大学総長

特許実施許諾等収入

2012年度
受領金額:未確定(名古屋大学受領金額: 未確定)

2011年度
受領金額:692,023円(名古屋大学受領金額: 599,767円)

2010年度
受領金額:258,133円(名古屋大学受領金額: 232,320円)

2009年度
受領金額:869,904円(名古屋大学受領金額: 782,914円)



外部資金取得
●文部科学省・日本学術振興会科学研究費補助金

2014年度(直接経費710万円 + α)
挑戦的萌芽(基金)、課題番号24657002、タンパク質のリアルタイムモニタリング、2年目、直接経費90万円、間接経費総額27万円

基盤研究(A)分担(代表:岩手生物工学研究センター・寺内良平)、課題番号24248004、全ゲノム解析によるイネ量的遺伝子座の迅速単離、3年目、直接経費620万円、間接経費186万円

2013年度(直接経費860万円 + α)
挑戦的萌芽(基金)、課題番号24657002、タンパク質のリアルタイムモニタリング、2年目、直接経費90万円(3年目90万円、総額300万円)、間接経費総額27万円

基盤研究(B)分担(代表:中部大学・中村研三)、課題番号23380057、種子油脂合成制御因子の全自動生物発光連続モニタリングを使った網羅的な遺伝学的同定、3年目、直接経費100万円?、間接経費30万円?

基盤研究(A)分担(代表:岩手生物工学研究センター・寺内良平)、課題番号24248004、全ゲノム解析によるイネ量的遺伝子座の迅速単離、2年目、直接経費670万円、間接経費201万円

2012年度(直接経費320万円)
挑戦的萌芽(基金)、課題番号24657002、タンパク質のリアルタイムモニタリング、1年目、直接経費120万円(1年目120万円、2年目90万円、3年目90万円、総額300万円)、間接経費総額90万円

基盤研究(B)分担(代表:中部大学・中村研三)、課題番号23380057、種子油脂合成制御因子の全自動生物発光連続モニタリングを使った網羅的な遺伝学的同定、2年目、直接経費170万円、間接経費51万円

基盤研究(A)分担(代表:岩手生物工学研究センター・寺内良平)、課題番号24248004、全ゲノム解析によるイネ量的遺伝子座の迅速単離、1年目、直接経費30万円、間接経費9万円

2011年度(直接経費330万円)
挑戦的萌芽、課題番号22657001、細胞内3ゲノムの遺伝子発現同時リアルタイム測定系の開発、2年目、直接経費130万円

基盤研究(B)分担(代表:中部大・中村研三)、課題番号23380057、種子油脂合成制御因子の全自動生物発光連続モニタリングを使った網羅的な遺伝学的同定、1年目、直接経費200万円、間接経費60万円

2010年度(直接経費810万円)
基盤研究(B)、課題番号20370001、植物時計の全体像と分子機構、3年目、直接経費450万円、間接経費135万円

新学術領域研究「水和とATP」(公募)、課題番号21118507、時計タンパク質KaiCのATP加水分解機能、2年目、直接経費200万円、間接経費60万円

挑戦的萌芽、課題番号22657001、細胞内3ゲノムの遺伝子発現同時リアルタイム測定系の開発、1年目、直接経費160万円

2009年度(直接経費1,060万円)
基盤研究(B)、課題番号20370001、植物時計の全体像と分子機構、2年目、直接経費450万円、間接経費135万円

特定領域研究「生命システム情報」(公募)、課題番号20016010、2年目、生物発光リズムデータの解析とデーターベースの構築、410万円

新学術領域研究「水和とATP」(公募)、課題番号21118507、時計タンパク質KaiCのATP加水分解機能、1年目、直接経費200万円、間接経費60万円

2008年度(直接経費1,620万円)
基盤研究(B)(一般)、課題番号20370001、植物時計の全体像と分子機構、1年目、直接経費540万円、間接経費162万円

特定領域研究「生体ナノシステム」、課題番号19037014、生物ナノ装置の原子レベルでの解明、2年目、280万円

特定領域研究「核ダイナミクス」、課題番号19038010、時計タンパク質の核移行と核におけるリズム発振機構、2年目、390万円 4. 特定領域研究「生命システム情報」(公募)、課題番号20016010、1年目、生物発光リズムデータの解析とデーターベースの構築、410万円

2007年度(2,110万円)
基盤研究(A)、課題番号1720700、生物時計装置の作動原理解明、3年目、1,040万円

特定領域研究「生命システム情報」、課題番号18016010、時系列データ統合解析プログラムの開発とこれによる生物時計ネットワークの網羅的解析、2年目、400万円

特定領域研究「生体ナノシステム」、課題番号19037014、生物時計ナノ装置の原子レベルでの解明、1年目、280万円

特定領域研究「核ダイナミクス」、課題番号19038010、時計タンパク質の核移行と核におけるリズム発振機構、1年目、390万円

2006年度(2,020万円)
基盤研究(A)、課題番号1720700、生物時計装置の作動原理解明、2年目、1,040万円

特定領域研究「タンパク質の一生」、課題番号17028025、時計タンパク質KaiCの一生、2年目、580万円

特定領域研究「生命システム情報」、課題番号18016010、時系列データ統合解析プログラムの開発とこれによる生物時計ネットワークの網羅的解析、1年目、400万円

2005年度(2,830万円)
基盤研究(A)、課題番号17207001、生物時計装置の作動原理解明、1年目、1,890万円

萌芽研究、課題番号17657063、生物時計装置作動の可視化、360万円

特定領域研究「タンパク質の一生」、課題番号17028025、時計タンパク質KaiCの一生、1年目、580万円

2004年度(1,850万円)
基盤研究(B)、課題番号15370004、藍色細菌の生物時計装置の原子レベルでの解明、2年目、370万円

萌芽研究、課題番号16657056、生物分子装置の一分子計測、360万円

特定領域研究「タンパク質の一生」、課題番号15032220、生物時計に関与する分子シャペロンとATP依存性プロテアーゼの同定とその作用機構、2年目、420万円

特定領域研究「ゲノム生物学」、課題番号16013216、好熱性藍色細菌のDNAマイクロアレイの開発と生物時計研究への応用、700万円

2003年度(2,600万円)
基盤研究(B)、課題番号15370004、藍色細菌の生物時計装置の原子レベルでの解明、1年目、1,190万円

萌芽研究、課題番号15657047、生物時計装置の原子レベルでの解明、340万円

特定領域研究(A)「タンパク質の一生」、課題番号15032220、生物時計に関与する分子シャペロンとATP依存性プロテアーゼの同定とその作用機構、1年目、420万円

特定領域研究(A)「ゲノム生物学」、課題番号15013223、好熱性藍色細菌のDNAマイクロアレイの開発と生物時計研究への応用、650万円

2002年度(1,370万円)
特定領域研究(A)「生物現象鍵物質」、課題番号13024235、藍藻における概日リズムの分子機構の解明、 2年目210万円

特定領域研究(A)「生物マシナリー」、課題番号13033017、時計タンパク質複合体のX線結晶構造解析と複合体形成のダイナミクス、2年目、170万円

特定領域研究(A)「タンパク質の一生」、課題番号14037227、生物時計に関与する分子シャペロンとATP依存性のプロテアーゼの同定とその作用機構、290万円

特定領域研究(C)「ゲノム生物学」、課題番号13206030、好熱性藍色細菌のDNAマイクロアレイの開発と生物時計研究への応用、2年目、700万円

2001年度(1,870万円)
基盤研究(A)、課題番号11304055、時計遺伝子クラスターkaiABCのサーカディアン発現の制御、3年目、620万円

萌芽的研究、課題番号13878146、クラミドモナスの遺伝子発現のリアルタイムモニタリング、240万円

特定領域研究(A)「生物現象鍵物質」、課題番号13024235、藍藻における概日リズムの分子機構の解明、1年目、220万円

特定領域研究(A)「生物マシナリー」、課題番号13033017、時計タンパク質複合体のX線結晶構造解析と複合体形成のダイナミクス、1年目、190万円
5. 特定領域研究(C)「ゲノム生物学」、課題番号13206030、藍色細菌のDNAチップの開発と生物時計研究への応用、1年目、600万円

2000年度(610万円)
基盤研究(A)、課題番号11304055、時計遺伝子クラスターkaiABCのサーカディアン発現の制御、2年目、610万円

1999年度(2,590万円)
基盤研究(A)、課題番号11304055、時計遺伝子クラスターkaiABCのサーカディアン発現の制御、1年目、2,380万円
萌芽的研究、課題番号11877048、始原菌の生物時計タンパク質KaiCの構造と機能、210万円


日本学術振興会特別研究員奨励費

2012年度(80万円)
村上怜子、特別研究員RPD、生物時計の進化にともなう時計タンパク質KaiBの構造と機能の変化、2年目、80万円

2011年度(150万円)
村上怜子、特別研究員RPD、生物時計の進化にともなう時計タンパク質KaiBの構造と機能の変化、1年目、80万円

武藤梨沙、特別研究員PD、藍色細菌生物時計分子装置の構造変化と時間発振の解明、2年目、70万円

2010年度(70万円)
武藤梨沙、特別研究員DC2、藍色細菌生物時計分子装置の構造変化と時間発振の解明、2年目、70万円

2009年度(70万円)
武藤梨沙、特別研究員DC2、藍色細菌生物時計分子装置の構造変化と時間発振の解明、1年目、70万円

2004-2006年度(340万円)
松尾拓哉、PD1、クラミドモナスの核、葉緑体、ミトコンドリアにおける遺伝子発現リズムの制御機構 2004年度120万円、2005年度110万円、2006年度110万円

2003-2005年度(270万円)
岩瀬亮、DC1、好熱性藍色細菌の生物時計KaiAタンパク質の構造と機能の解析 2003年度90万円、2004年度90万円、2005年度90万円


博士研究員等による文部科学省・日本学術振興会科学研究費補助金

2013年度(直接経費100万円)
小内清、基盤研究(C)(一般)(基金)、課題番号23570003、真核植物における生物時計の普遍性と進化の解明、3年目、直接経費100万円、間接経費30万円

2012年度(直接経費190万円)
小内清、基盤研究(C)(一般)(基金)、課題番号23570003、真核植物における生物時計の普遍性と進化の解明、2年目、直接経費160万円、間接経費48万円

小内清、基盤研究(A)分担(代表:岩手生物工学研究センター・寺内良平)、課題番号24248004、全ゲノム解析によるイネ量的遺伝子座の迅速単離、1年目、直接経費30万円、間接経費9万円

2011年度(直接経費160万円)
小内清、基盤研究(C)(一般)(基金)、課題番号23570003、真核植物における生物時計の普遍性と進化の解明、1年目、直接経費160万円(総額420万円)、間接経費総額48万円(総額126万円)

2010年度(直接経費110万円)
小内清、基盤研究(C)(一般)、課題番号20570002、時計遺伝子の変異様式と光周性との相関の抽出と応用、3年目、直接経費110万円、間接経費33万円

2009年度(直接経費110万円)
小内清、基盤研究(C)(一般)、課題番号20570002、時計遺伝子の変異様式と光周性との相関の抽出と応用、2年目、直接経費110万円、間接経費33万円

2008年度(直接経費335万円)
松尾拓哉(博士研究員)、若手スタートアップ、課題番号19870009、藻類の時計遺伝子および葉緑体概日リズム制御因子の網羅的同定、2年目、直接経費135万円、間接経費40.5万円

小内清(博士研究員)、基盤研究(C)(一般)、課題番号20570002、時計遺伝子の変異様式と光周性との相関の抽出と応用、1年目、直接経費160万円、間接経費48万

森下めぐみ(研究支援推進員)、奨励研究、課題番号20917008、藍色細菌の凍結保存法における最適条件検討の簡便化、40万円

2007年度(直接経費443万円)
小内清(博士研究員)、若手スタートアップ、課題番号18870010、生物時計の温度リセッティング分子機構の解明、2年目、136万円

岡本和久(博士研究員)、若手研究(B)、課題番号19770003、クラミドモナスの時計変異体の網羅的分離と時計遺伝子のクローニング、1年目、170万円

松尾拓哉(博士研究員)、若手スタートアップ、課題番号19870009、藻類の時計遺伝子および葉緑体概日リズム制御因子の網羅的同定、1年目、137万円

2006年度(直接経費136万円)
小内清、若手研究(スタートアップ)、課題番号18870010、生物時計の温度リセッティング分子機構の解明、1年目、136万円


●国、地方公共団体または民間からの研究費

2016年度(直接経費0万円)
科学技術振興機構、CREST「藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出」ラン藻の硝酸同化系変異株を利用した遊離脂肪酸の高効率生産系の構築(代表:名古屋大学生命農学研究科・小俣達男)、6年目(6年間)、研究協力者、配分額なし

2015年度(直接経費0万円)
科学技術振興機構、CREST「藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出」ラン藻の硝酸同化系変異株を利用した遊離脂肪酸の高効率生産系の構築(代表:名古屋大学生命農学研究科・小俣達男)、5年目(6年間)、研究協力者、配分額なし。

2014年度(直接経費800万円)
科学技術振興機構、研究成果展開事業【先端計測分析技術・機器開発プログラム】「開発成果の活用・普及促進」生物発光リアルタイム測定システムの活用・普及促進、3年目、直接経費800万円、間接経費240万円

科学技術振興機構、CREST「藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出」ラン藻の硝酸同化系変異株を利用した遊離脂肪酸の高効率生産系の構築(代表:名古屋大学生命農学研究科・小俣達男)、4年目(6年間)、研究協力者、配分額なし。

2013年度(直接経費800万円)
科学技術振興機構、研究成果展開事業【先端計測分析技術・機器開発プログラム】「開発成果の活用・普及促進」生物発光リアルタイム測定システムの活用・普及促進、2年目、直接経費800万円、間接経費240万円

科学技術振興機構、CREST「藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出」ラン藻の硝酸同化系変異株を利用した遊離脂肪酸の高効率生産系の構築(代表:名古屋大学生命農学研究科・小俣達男)、3年目(6年間)、研究協力者、配分額なし。

2012年度(直接経費2,130万円)
科学技術振興機構、研究成果展開事業【先端計測分析技術・機器開発プログラム】「ソフトウェア開発」生物発光リアルタイム測定解析ソフトウェアの開発(代表:中立電機・白木央)、4年目、名古屋大学配分額:直接経費1,330万円、間接経費399万円

科学技術振興機構、研究成果展開事業【先端計測分析技術・機器開発プログラム】「開発成果の活用・普及促進」生物発光リアルタイム測定システムの活用・普及促進、1年目、直接経費800万円、間接経費240万円

科学技術振興機構、CREST「藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出」ラン藻の硝酸同化系変異株を利用した遊離脂肪酸の高効率生産系の構築(代表:名古屋大学生命農学研究科・小俣達男)、2年目(6年間)、研究協力者、配分額なし。

2011年度(直接経費1,330万円)
科学技術振興機構、研究成果展開事業【先端計測分析技術・機器開発プログラム】「ソフトウェア開発」生物発光リアルタイム測定解析ソフトウェアの開発(代表:中立電機・白木央)、3年目、名古屋大学配分額:直接経費1,330万円、間接経費399万円

科学技術振興機構、CREST「藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出」ラン藻の硝酸同化系変異株を利用した遊離脂肪酸の高効率生産系の構築(代表:名古屋大学生命農学研究科・小俣達男)、1年目(6年間)、研究協力者、配分額なし。

2010年度(直接経費1,330万円)
科学技術振興機構、産学イノベーション加速事業【先端計測分析技術・機器開発】「ソフトウェア開発プログラム」生物発光リアルタイム測定解析ソフトウェアの開発(代表:中立電機・白木央)、2年目、名古屋大学配分額:直接経費1,330万円、間接経費399万円

2009年度(直接経費5,832万円)
科学技術振興機構、【先端計測分析技術・機器開発事業】「機器開発プログラム」生物発光リアルタイム測定システム、5年目、直接経費5,550万円、間接経費1,665万円(名古屋大学配分額:直接経費1,750万円、間接経費525万円)

科学技術振興機構、産学イノベーション加速事業【先端計測分析技術・機器開発】「ソフトウェア開発プログラム」生物発光リアルタイム測定解析ソフトウェアの開発(代表:中立電機・白木央)(2009-2012年度、直接経費総額125.8百万円)、1年目、名古屋大学配分額:直接経費100万円、間接経費30万円

科学技術振興機構、シーズ発掘試験研究、病原性細菌の生育状態を安全にリアルタイム計測する装置、182万円、間接経費18万円

2008年度(直接経費4,894万円)
科学技術振興機構、【先端計測分析技術・機器開発事業】「機器開発プログラム」生物発光リアルタイム測定システム、4年目、直接経費4,444万円、間接経費1,262.715万円(名古屋大学配分額:直接経費1,539万円、間接経費461.7万円)

大幸財団、第18回学術研究助成、クラミドモナスの生物時計の分子機構と植物時計の進化の解明、2008-2009年度、450万円

2007年度(直接経費2,500万円)
科学技術振興機構、【先端計測分析技術・機器開発事業】「機器開発プログラム」生物発光リアルタイム測定システム(2005-2009年度、直接経費総額 206.94百万円)、3年目、直接経費2,500万円、間接経費741.18万円(名古屋大学配分額:直接経費1,580万円、間接経費474万円)

2006年度(5,400万円)
文部科学省、タンパク3000プロジェクト、中川班「脳神経系」、好熱性藍色細菌時計タンパク質の構造解析、5年目、300万円

名古屋大学、高等研究院平成16年度採択研究プロジェクト、生物時計分子装置の原子レベルでの分子機構の解明、3年目、100万円

科学技術振興機構、先端計測分析技術・機器開発事業、生物発光リアルタイム測定システム、2年目、4,800万円

科学技術振興機構、シーズ発掘試験、細胞自動連続液体培養・モニタリング・サンプリングシステムの開発、200万円

2005年度(4,800万円)
文部科学省、タンパク3000プロジェクト、中川班「脳神経系」、好熱性藍色細菌時計タンパク質の構造解析、4年目、300万円

名古屋大学、高等研究院平成16年度採択研究プロジェクト、生物時計分子装置の原子レベルでの分子機構の解明、2年目、300万円

科学技術振興機構、先端計測分析技術・機器開発事業、生物発光リアルタイム測定システム、1年目、4,200万円

2004年度(2,200万円)
日本学術振興会、未来開拓事業「植物遺伝子プロジェクト」、中村班(研究代表者:名古屋大学生命農学研究科中村研三教授)「植物の栄養貯蔵に関わる高次制御系の新規遺伝子機能の解明と利用基盤」、植物時計の分子機構、5年目、700万円

文部科学省、タンパク3000プロジェクト、中川班「脳神経系」、好熱性藍色細菌時計タンパク質の構造解析、3年目、300万円

科学技術交流財団、先導的科学技術共同研究、新規オリゴDNA チップの開発と生物時計研究への応用、3年目、1,000万円

名古屋大学、高等研究院平成16年度採択研究プロジェクト、生物時計分子装置の原子レベルでの分子機構の解明、1 年目、200万円

2003年度(7,554.95万円)
生物系特定産業技術研究推進機構、新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業、植物の生物時計機構の解明と光周性の人為的制御、植物時計の分子機構、5年目、5,000万円

日本学術振興会、未来開拓事業「植物遺伝子プロジェクト」、中村班(研究代表者:名古屋大学生命農学研究科中村研三教授)「植物の栄養貯蔵に関わる高次制御系の新規遺伝子機能の解明と利用基盤」、4年目、836万円

日本宇宙フォーラム、宇宙環境利用に関する公募地上研究、宇宙空間における生物時計遺伝子と制御下遺伝子の網羅的発現解析、3年目、418.95万円

文部科学省、タンパク3000プロジェクト、中川班「脳神経系」、好熱性藍色細菌時計タンパク質の構造解析、2年目、300万円

科学技術交流財団、先導的科学技術共同研究、新規オリゴDNAチップの開発と生物時計研究への応用、2年目、1,000万円

2002年度(7,736.74万円)
生物系特定産業技術研究推進機構、新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業、植物の生物時計機構の解明と光周性の人為的制御、4年目、5,200万

日本学術振興会、未来開拓事業「植物遺伝子プロジェクト」、中村班(研究代表者:名古屋大学生命農学研究科中村研三教授)「植物の栄養貯蔵に関わる高次制御系の新規遺伝子機能の解明と利用基盤」、植物時計の分子機構、3年目、860万円

日本宇宙フォーラム、宇宙環境利用に関する公募地上研究、宇宙空間における生物時計遺伝子と制御下遺伝子の網羅的発現解析、2年目、376.74万円

文部科学省、タンパク3000プロジェクト、中川班「脳神経系」、好熱性藍色細菌時計タンパク質の構造解析、1年目、300万円

科学技術交流財団、先導的科学技術共同研究、新規オリゴDNAチップの開発と生物時計研究への応用、1年目、1,000万円

2001年度(8,718.9万円)
生物系特定産業技術研究推進機構、新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業、植物の生物時計機構の解明と光周性の人為的制御、3年目、7,300万円

日本学術振興会、未来開拓学術研究推進事業「植物遺伝子プロジェクト」、中村班(研究代表者:名古屋大学生命農学研究科中村研三教授)「植物の栄養貯蔵に関わる高次制御系の新規遺伝子機能の解明と利用基盤」、植物時計の分子機構、2年目、800万円

日本宇宙フォーラム、宇宙環境利用に関する地上研究フェーズI研究(B)、宇宙空間における生物時計遺伝子と制御下遺伝子の網羅的発現解析、1年目、418.9万円
4. 東海産業技術振興財団、平成13年度研究助成、新規オリゴDNAチップの開発と生物時計への応用、200万円

2000年度(8,560万円)
生物系特定産業技術研究推進機構、新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業、植物の生物時計機構の解明と光周性の人為的制御、2年目、7,500万円

日本学術振興会、未来開拓学術研究推進事業「植物遺伝子プロジェクト」、中村班(研究代表者:名古屋大学生命農学研究科中村研三教授)「植物の栄養貯蔵に関わる高次制御系の新規遺伝子機能の解明と利用基盤」、植物時計の分子機構、1年目、1,060万円

1999年度(9,595.5万円)
松籟科学技術振興財団、生物時計タンパク質Kaiの機能と植物における探索、100万円

内藤記念科学奨励金、時計遺伝子kaiABCのサーカディアン発現制御、130万円

大幸財団平成11年度学術助成金、始原菌の生物時計タンパク質の構造と機能、420万円

生物系特定産業技術研究推進機構、新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業、植物の生物時計機構の解明と光周性の人為的制御、1年目、8,945.5万円


●博士研究員等による国、地方公共団体、民間などからの研究費

2012年度(直接経費100万円)
小内清、A-STEP、【FS】ステージ、探索タイプ、高等植物における油脂合成系制御遺伝子と時計遺伝子の操作による油脂生産性の相乗的な増強法の確立、2011-2012年度、2年目、直接経費100万円(総額150万円)、間接経費13万円(総額20万円)

2011年度(直接経費280万円)
村上怜子、A-STEP、【FS】ステージ、探索タイプ、時計タンパク質KaiBによる温度依存的な酵素活性の制御、直接経費150万円、間接経費20万円

小内清、A-STEP、【FS】ステージ、探索タイプ、高等植物における油脂合成系制御遺伝子と時計遺伝子の操作による油脂生産性の相乗的な増強法の確立、2011-2012年度、1年目、直接経費50万円(総額150万円)、間接経費7万円(総額20万円)

西村篤人(大学院生修士課程2年)、日本科学協会、笹川科学研究助成、温度センサーとしての時計タンパク質KaiBの構造解析、80万円

2010年度(直接経費50万円)
村上怜子、リバネス研究費、第4回リバネス研究費 MBL賞、藍色細菌Kai生物時計分子装置の時間発振中の構造変化、50万円

2009年度(直接経費242万円)
小内清、科学技術振興機構、シーズ発掘試験研究、好熱性藍色細菌の複数遺伝子を効率的に操作する方法、182万円、間接経費18万円

武藤梨沙、日本科学協会、笹川科学研究助成、スピンラベル法による藍色細菌時計タンパク質の解析、60万

2008年度(590万円)
松尾拓哉(博士研究員)、加藤記念バイオサイエンス研究振興財団、加藤記念国際交流助成、クラミドモナスにおける生物時計構成因子のシステマティックな同定、H20、30万円

松尾拓哉(博士研究員)、中島記念国際交流財団、日本人若手研究者研究助成金、生物時計の進化の解明に向けた緑藻の時計遺伝子の解析、H21、500万円

武藤梨沙(大学院生博士課程1年)、日本科学協会、笹川科学研究助成、スピンラベル法による藍色細菌時計タンパク質の解析、60万円

2006年度(400万円)
小内清、科学技術振興機構、シーズ発掘試験、植物時計遺伝子PCL1による光周性の人為的制御法の開発、200万円

岡本和久、科学技術振興機構、シーズ発掘試験、葉緑体発光細胞の製品化に向けた改良、200万円


ページTOPへ HOMEへ