微量発現遺伝子のリアルタイム測定 ―シロイヌナズナの花成遺伝子CONSTANSの解析例―

シロイヌナズナの花成遺伝子CONSTANS (CO)の発現を「生物発光リアルタイム測定法」で解析し、既に報告されている「RT-PCR法」による解析結果(Suarez-Lopez et al. 2001)と比較しました。「生物発光リアルタイム測定法」が「ノーザンブロット法」や「RT-PCR法」よりも遙かに高感度・高精度・高時間分解能であることが一目瞭然です。また、生物発光リアルタイム測定法」は長時間に渡り全自動測定が可能であり、多検体の測定も極めて容易です。