平板型試料交換機付生物発光測定装置の模式図(A)と概観(B)

多数の生物試料を均一な条件で培養しつつ連続自動測定装置することができます。特に培養に光を必要とする植物系細胞においては、均一な光照射下で培養が可能です。この装置は、発光測定部である「シンチレーションカウンター TopCount NXT(Perkin Elmer Japan)」と培養台兼プレート搬送ロボットである「BL試料搬送機」から構成されます。「BL試料搬送機」は「TopCount NXT」とリンキングプログラムによって連動します。「BL試料搬送機」の培養台には96穴マイクロプレートが最大で20枚設置できるので、一度の実験で1,920個の生物試料の生物発光を全自動測定することができます。96穴マイクロプレートに植え付けた生物試料を平面状の培養台の上で培養しつつ、一定時間間隔で自動的にマイクロプレートを「TopCount NXT」へ搬送します。「TopCount NXT」は6チャンネルの光電子増倍管でプレートの各穴の生物発光量を測定し、測定後のマイクロプレートは培養台の元の位置へ搬送されます。なお、本装置は特許取得済みです(特許第3837535号)。